五感教育研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 若者の消費意欲!

<<   作成日時 : 2010/08/09 19:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

現在の消費低迷の主要因の一つに、若者の消費衰退が挙げられている。例えば日本自動車工業の調べによると、30歳未満の若者の自動車主運転率は、この10年で半減した。
私が20歳代の頃は、高級車に乗ることがステータスで異性にもモテた時代だった。私も六本木のカローラーと称された、小型のBMWを乗り回し、新型は買えないので、中古で購入し運転していたことを思い出す。
ブランド物のスーツに身を包み、夜な夜な六本木のディスコなどに週末に通っていたのである。こんな時代だから、若者を中心に浮かれていた。男性の多くは借金してまでも、見栄を張っていたのである。高級車、ブランド物のスーツ、バックなどを購入し、女性のために当時、車で送ってあげる「アッシー君」やブランド物のバックやアクセサリーなどを買ってあげる「ミツギ君」などと呼ばれていた。
これらから、バブルの時代に入り、日本中がご存知のように好景気で日本中が浮かれていた時代である。
私の二人の娘が生まれた頃なので、全くバブルの時代は知らないし、私からの話だけである。
そしてご存知のように、リーマンショック後の過度な節約志向になり、決して若者たちにはお金がないわけでないが、二極化している。派遣社員、正社員との給料の差もそうであるが、若者の消費衰退は現在の若者たちは無駄遣いや所得と生活を冷静に見極め、賢く選択しているとも言えるのである。
決して見栄張ることなく、しっかり自分の将来を見据えているのだと思う。逆に言えば「欲がない、気力がない」と思われがちでもある。
時代の流れと共に、若者の生活感、嗜好が変化し、価値観が変わってきている。日本国内では自動車が売れないと嘆いているが、考えて欲しい。いくらエコ減税などの待遇措置をしても、その後の維持費が高すぎるのである。駐車代金、検査費用、ガソリン代、車両保険、高速代、特に私が危惧しているのが、日本での車検制度などが高額するということである。普通自動車でも、普通に車検を通せば10万円を超え、これに部品交換など加わると、15万円前後になることもある。高速道路が安くなっても、決してこれら検査料や保険料、駐車料などが安くならないと、車を購入しても、本当に必要なければ、買わないだろう。私も最近、週末の買い物だけなら、必要ないと感じるようになったように、無駄なお金を払いすぎていることを実感している。
必要なら、レンターカーでも良いのではないかと思ってしまう。
幸いな事に我が家にはガレージがあるので良いが、都心に住まいがあり、高級車を乗り回すというのは本当に「不経済」と考えてしまう。
これらが、車が売れない主な原因であり、私は自動車会社にも国土運輸省にも指摘しているように、日本の車検制度の見直し、税制の見直しを速急に改善すべきだと指摘している。自動車保険もそうであるように、もっとランニングコストの削減をして欲しいと願っている。
そうすれば、若者たちも自動車乗ってみたいと考えるかも知れない。
必要ないと思ったら、ましてや安い買い物でないから、若者たちは賢く選択するだろう。
今後、日本の経済が復活しても、これら車検制度や自動車保険などの制度の改革が進まないと本当に自動車は若者たちからは怪訝され、益々売れなくなる。エコカー減税が9月で終了する。車が安くなってもランニングコストが高すぎる車は必要ない。これらから、消費意欲も低減するのです。
また、現在は自動車以外に個人の消費意欲をそそる物が多い。私が若者の頃は欲しい物の一番が自動車であった時とは時代が違うのである。ハイテクな物に溢れ、便利すぎている時代に育ってきた若者たちの消費意欲はなかなか高まらない。これらに対して、日本の企業もあの手、この手を尽くして開発、研究に取り組んでいる。これらの結果が出るまでには、あと少し時間がかかりそうである。これだけは言える。若者の消費意欲が日本経済、個人消費を向上させるのは間違いのない事実である。
これらを私は「離れ」と指摘し、今年の3月30日(火)の日本テレビ系列さんま&所の大河バラエティ 超超近現代史!人間は相変わらずアホか!? 19:00〜23:18放送、春のスペシャル番組内の「離れ」コーナーでコメントを出しております。私共も研究所も若者の消費意欲をそそる製品や商品などの開発に脳科学、感覚生理学を応用し、日本の企業を応援して参ります。また、若者たちにも車を運転する楽しみや趣味を広げるために車の必要性を私共は今後とも提唱して参ります。
五感教育研究所、主席研究員、荒木行彦、






GOOD WORK! 01 RESTRAUNT&CAFE1
デザインエクスチェンジ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GOOD WORK! 01 RESTRAUNT&CAFE1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

若者の感性とリスク?ベネフィットからリスクを考える
北大路書房
土田 昭司

ユーザレビュー:
タイトルと中身の統一 ...
「人がリスクに出会っ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 若者の感性とリスク?ベネフィットからリスクを考える の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
若者の消費意欲! 五感教育研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる